ブレードランナー2049

 

ウェブ上では絶賛されてるんで安心して観に行ったんですけど、私は全然ダメでした。そのズレを理解したくて【宇多丸×町山智浩etc.】『ブレードランナー』特集!《ウィークエンドシャッフル》を聴いてみて主人公のVR彼女との悲恋を中心とした「切なさ」が観客の感情移入のキモらしいということを知り、そこに全く感情移入できなかったのが原因だと思いました。

「レプリカントの話なのにホログラム彼女問題も混ぜたらボヤけるやろ!」という感じで最初から最後まであのキャラに違和感があったので。街に出ている広告版の彼女と自分用にカスタマイズした彼女が同じ顔で切なくなるというシーンも「いや、製品だったらこういう問題が起きないようにしてあるだろ。めっちゃ初歩的な問題やん。あんな完璧な商品なのにありえへん、、、」と思ってしまいシラーッとしましたし。ラスボス的な白カラコン男もカルト教祖臭を漂わせてるだけで思わせぶりな演出ばっかで。映像は最高の技術の粋を集めたものでしたがスカみたいな内容でしたわ。

カテゴリ:日乗 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
アウトレイジ最終章

久々に映画館に行きました。

西田敏行の頬の筋肉しか心に残ってません。一刻も早くブレードランナーが観たいです。

 

カテゴリ:日乗 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
秋の運動会

カテゴリ:日乗 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) | -
カブトムシさなぎへの道〜その3 完結編

 

カブトムシのその後ですが前回の記事を書いた翌日に残念ながら死んでしまいました。

シリーズをスタートしたものの、主人公が天に召されてしまったので勝手ながらこのシリーズ終了にします。

 

しかしその後の6月初旬に、次々と他のカブトムシが羽化し土の外に出てきました。

幼虫は全部で8匹いまして、そのうち6匹が無事羽化しました。

羽化出来なかったもう一匹は土中で羽根が半分崩れたような状態で成虫になったまま絶命していました。羽化する部屋の蛹室に問題があった可能性があります。

2匹を成虫まで育てられなかったのは残念ですが、朝起きて飼育ケースを見ると数匹の成虫が外に出ている光景を見るのはテンションがあがりました。息子も非常に喜んでいました。

 

カテゴリ:日乗 | 17:49 | comments(5) | trackbacks(0) | -
カブトムシさなぎへの道〜その2

写真ではわかりにくいですが昨日よりも黒い部分が拡張しました。もうダメっぽい。
どんどんキモくなっているので既にこのシリーズを始めたことを後悔しています。
しかし本人は脚を動かしており、まだ生きているので蛹になると信じ、観察を続けたいと思います。
蛹室の内側にカビが発生したので、内側を削ってカビを除去。
ついでに気門(おなか側面の呼吸器)にかぶさっていた土をティッシュでそっと払って落としました。
人工蛹室というのを作った方がいいのかもしれませんが、体が柔らかくなっていて動かせないのでこのままにします。

カテゴリ:日乗 | 14:10 | comments(3) | trackbacks(0) | -
カブトムシさなぎへの道〜その1
急ですが当ブログでカブトムシの幼虫を応援しながらさなぎへの変身を見守るシリーズをスタートすることにしました。 この幼虫は私が誤って土の中の「蛹室」(ようしつ。幼虫がさなぎになり、羽化するための部屋)を壊してしまったために、自ら地中から地面に這い出てきて、なんとか自力で即席の蛹室を作った幼虫です。 昨日から急に体色が黒く変化しています。幼虫がさなぎになる時期になると黄色くなるのは知っていますがこんなに黒くなってしまって、大丈夫なのか心配です。 脚を頻繁にうごめかしており、生きてはいるようです。激しくメタモルフォーゼしている体に「グオォォ、、、」ともだえているようにも見えます。
カテゴリ:日乗 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
空目(そらめ)
カテゴリ:日乗 | 14:43 | comments(2) | trackbacks(0) | -
自動車事故
カテゴリ:日乗 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
花粉との戦い2015


外出時は表面がツルツルの上着の方がいいらしいですね。

目に見えないのに「花粉があるのだ」という仮定のもとで払ったりしてると、原発事故直後のことを思い出します。
事故直後にNHKニュースで「洗濯物は取り込まないで下さい。帰宅時には上着表面を払って下さい」と解説員の人が言ってて、おそらく福島県内の人向けだったと思いますが明確な範囲が示されず、ネットには不安を煽る情報があふれていました。
当時私は東京の調布市にいましたが「とりあえず払っておこ」とドアの前でバタバタと上着を払ってから家に入っていました。
CNNやBBCのニュースはもっと絶望的な報道をしていたので、それを見た近所のインド人男性が二人「大丈夫なのか?」と私のうちまで聞きに来ました。とくに来日して一週間しか経っていないほうの男性はパニックになっていて奥さんと喧嘩になってました。
駅に行くと日本を脱出しようとデカいスーツケースを抱えたアジア系の外国人達が多数見られ「この街にもこんなに外国人がいたんだなぁ」と思ったものです。
カテゴリ:日乗 | 15:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
歯石除去
カテゴリ:日乗 | 11:58 | comments(6) | trackbacks(0) | -
| 1/6PAGES | >>