<< 謹賀新年 2015 | main | トミカ・プラレール >>
花粉との戦い2015


外出時は表面がツルツルの上着の方がいいらしいですね。

目に見えないのに「花粉があるのだ」という仮定のもとで払ったりしてると、原発事故直後のことを思い出します。
事故直後にNHKニュースで「洗濯物は取り込まないで下さい。帰宅時には上着表面を払って下さい」と解説員の人が言ってて、おそらく福島県内の人向けだったと思いますが明確な範囲が示されず、ネットには不安を煽る情報があふれていました。
当時私は東京の調布市にいましたが「とりあえず払っておこ」とドアの前でバタバタと上着を払ってから家に入っていました。
CNNやBBCのニュースはもっと絶望的な報道をしていたので、それを見た近所のインド人男性が二人「大丈夫なのか?」と私のうちまで聞きに来ました。とくに来日して一週間しか経っていないほうの男性はパニックになっていて奥さんと喧嘩になってました。
駅に行くと日本を脱出しようとデカいスーツケースを抱えたアジア系の外国人達が多数見られ「この街にもこんなに外国人がいたんだなぁ」と思ったものです。
カテゴリ:日乗 | 15:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 15:24 | - | - | -
コメント
花粉にめげずに、頑張って下さい!
♪ヽ(´▽`)/
モンプチ単行本楽しみで~す
| とっちい | 2015/03/16 12:07 AM |
>とっちいさん
ありがとうございます。
「モンプチ」単行本の作業は少しずつ進んでいて、表紙のイラストをどうするか編集さんやデザイナーさんと相談しているところです。
| じゃんぽ〜る西 | 2015/03/17 1:17 AM |
こんにちは!
今日、ずっと色々な古本屋さんで探していたパリの迷い方を発見し、購入しました!w
表紙のカバー取った所のイラストとか面白かったです!
単行本とか待ってます!頑張ってください!
| Ayaka | 2015/03/20 10:05 PM |
>Ayakaさん

どうもありがとうございます。
「パリの迷い方」は私の初単行本として非常に思い入れのある本です。あまり日の目を見ることはありませんでしたが、、、。
ご指摘して下さったイラストは作品中のエピソードがパリのどこで起きたかわかる地図になっていたと思います。
他にも本の横の部分(小口)がフランス国旗のトリコロールに彩色されていたりと、普通気付かないような部分にいろいろ工夫が凝らしてあります。
| じゃんぽ〜る西 | 2015/03/21 7:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lostinparis.jugem.jp/trackback/441
トラックバック