<< 花粉との戦い2015 | main | 2歳児 >>
トミカ・プラレール


最近は二日に一曲くらいのペースで保育園で歌を覚えて帰ってきます。
トミカの歌は多分、先生ではなく友達に教えてもらったのだと思います。
カテゴリ:育児 | 22:30 | comments(10) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:30 | - | - | -
コメント
いつも更新を楽しみにしています。
お子さんは2ヶ国語を学ぶ恵まれた環境ですから、「どーどー」は仏語ではないのでしょうか?(笑)
| 遥 | 2015/04/03 8:51 PM |
西さんのブログ、和みますねえ。
子供さん、面白くなってきましたね。
成長するって素晴らしい。
更新楽しみに待ってます。
| ストロベリー | 2015/04/04 12:01 AM |
>遥さん、ストロベリーさん

コメントありがとうございます。
「どーどー」はやっぱり何を言っているのか不明です。本人は意気揚々と歌ってますが、、。

ブログ更新、なるべく頑張ります。
| じゃんぽ〜る西 | 2015/04/04 2:23 AM |
初めまして。いつも更新を楽しみにしてます。

お子さんが歌ってるのはプラレールの歌だと思いますので、「どーどー」の部分は「ゴーゴー」ですね。
| じょろん | 2015/04/05 3:32 PM |
この歌、ラジオのコマーシャルで聞いたことがあります。

今回のブログを見て、私の友人の娘(既に成人してる)が、ちょうどJPさんの息子さんぐらいのときに「ABCのうた」を歌っていたのを思い出しました。

「ABCDEFG〜♪HIJK…」までは順調でしたが、次の「LMNOP〜♪」と歌うところがうまく歌えなくて、その部分を「えのえのぴ〜♪」とごまかして歌っていました。

JPさんの息子さんの成長が楽しみで〜す(^o^)

【PS】私と同じアパートに住んでいる方のお兄さんがフランス在住で、フランス人女性と結婚されて昨年お子さん(たしか男の子といってたかなぁ?)が生まれたそうです。
| くらら | 2015/04/07 8:19 PM |
>じょろんさん
初めまして。
おお!ゴーゴーでしたか。謎が解けてすっきりしました。ありがとうございます。

>くららさん
そうですか、ラジオのコマーシャルで。
いろいろよくご存知ですね。
子供は2歳でも即興で歌詞をデッチあげたりするので感心します。

フランス人と結婚された方が周囲にいらっしゃるとのこと。異文化とのかかわりのある方になんとなく親近感やつながりを感じてしまう感覚、ありますね。
パリに行った頃、パリ在住の日本人は全員知り合いなんじゃないか、、、と勝手に私は思っていました。実際には1万人以上いますからそんなわけないのですが。
| じゃんぽ〜る西 | 2015/04/12 8:50 PM |
はじめまして。
フランスの友人より紹介頂きご連絡させていただきました。
メールのようなものがなかったので何からお話させていただければ++

現地の出版社さんを探しています♪

宜しくお願いします(^^)
| T.K | 2015/04/16 11:35 PM |
>T.K.さん

用件がわかりませんが
フランスでの出版を計画されているということでしたら、例えばフランス著作権事務所に相談されてはいかがでしょうか。
| じゃんぽ〜る西 | 2015/04/18 11:55 AM |
ジャンポール西さん

お返事ありがとうございます。

突然のご連絡で申し訳ありません。


日本の著作物をフランスに持って行きたいのです。
出版会社さんにいこうにもフランス語の壁があり、知人に聞いたら日本人だからこの方に連絡してくれといわれました。

お心当たりがあればいい知恵をいただきたくコメントいたしました...


| TK | 2015/04/27 11:27 AM |
>TKさん

>>日本の著作物をフランスに持って行きたいのです。

その場合
TKさんの著作物を出版した日本の出版社の海外出版を担当する部門に打診する。
海外出版のエージェント業務をしている会社に打診する(先日触れた「フランス著作権事務所」がそれです)。
個人的に英文メールで仏出版社に直接アプローチする。

だいたい、このくらいが私が思いつく方法です。
私も一漫画家に過ぎずエージェントをやっているわけではありません。
もっと情報が知りたい場合はツイッターで私をフォローしてもらい、TKさんだとわかるメンションを送ってくださればこちらからもフォローしますので、時間のある時にDMで対応します。






| じゃんぽ〜る西 | 2015/04/28 6:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lostinparis.jugem.jp/trackback/442
トラックバック