<< 空目(そらめ) | main | カブトムシさなぎへの道〜その1 >>
がんばれフランス映画! 「最高の花婿」本日公開!
本日、「最高の花婿」というフランス映画が全国公開されます。
フランスでは国民の5人に1人が観たというヒット作で、国際結婚を巡るファミリーコメディということで監督さんの来日にあたり、対談させていただく機会に恵まれました。
対談の様子→「じゃんぽ〜る西×映画監督フィリップ・ドゥ・ショーヴロン特別対談」

対談と言っても映画の宣伝で初来日した監督は連日の取材で疲れ切っていたので、私が一方的に映画の感想を捲し立てて、監督がそれに答えるという感じではありましたが、、。
でも私の仏版単行本を見せると「ああ。これか」みたいな反応で一応私の作品を知ってはいてくれたみたいです。
映画の内容が私がいつもあれこれ考えていることと関係が深かったので、感想(とツッコミ)を話し始めるといくらでも出てくる感じでした。私がこれだけ感想を話せる映画は最近だと「スター・ウォーズ」と「マッド・マックス」くらいですよ。当作品はそれらと全然趣きが違うんですけど。

現在発売中の祥伝社「フィールヤング4月号」掲載の「モンプチ」でもその時の様子を描きました。


「最高の花婿」はヨーロッパや中国、世界各国でヒットしている元気な映画で、観終わった後私は「あー面白かった!日本人にはフランス社会を知る入り口になる作品だし、日本でも売れるといいな」と思いました。
ところが友人のフランス人に感想を聞いたところ「面白いけど、ものすごい傑作というわけではない。もっといい映画はフランスにあるよ。なんでこんなにフランスで大ヒットしたんだろ?」というクールな反応。
そういうこと言われちゃうとがっかりしちゃうんだよ!せっかく盛り上がっていたのに!
とはいえ自分でもヒットの理由がわからなかったので監督に「何故これほどフランスでヒットしたと思いますか?」と直接聞いたところ「自分もわからない」とした上で「映画のテーマが皆にとって共通のテーマだったからではないでしょうか」と答えてくれました。

果たして日本ではどうなるんでしょうか。
ここのところ日本でフランス映画が当たった話は聞かないし、フランス人俳優や女優で一般レベルまで人気者になった人はいません。オランジーナのCMに起用されたのもフランス人俳優でなくアメリカ人のリチャード・ギアですから。
今、日本人(特に若者)になじみの薄いフランス映画で、しかも「コメディ」となると「フランス映画?コメディ?」、、想像がつかないですよね。出演している役者も本国ではめちゃくちゃ有名らしいですが日本では知られていない人たちです。
そういうわけで日本市場はハードル高いと思われます。
まーでも個人的におすすめです!軽い気持ちで楽しめ、笑え、考えさせられる作品です。連休中に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。



映画「最高の花婿」オフィシャルサイト→http://www.cetera.co.jp/hanamuko/


カテゴリ:告知・宣伝 | 13:52 | comments(12) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:52 | - | - | -
コメント
ライブドアニュースでご夫妻の写真を拝見しました。
おそろいの黒の服装で、奥様の影響が強く感じられます。(笑)
「嫁はフランス人」の「幼児語」項が可愛くて好きなのですが、そろそろ生意気な言葉も出て来る頃でしょうか?
それもまた可愛いんですけどね。
| 遥 | 2016/03/21 10:50 PM |
映画見てみます。
フランスの女優では、ジュリエットビノシュさんが好きです
| とっちい | 2016/03/23 8:23 PM |
おお〜最高の花婿見てみたい!
子連れで映画館は無理なので自由時間をもらうかDVD待ちかな。

フランス映画…
確かに興行成績ランキングの上位に食い込んだりはあまりしないかな。
でも2012年に見た最強のふたりは名作でした(^^


| めぐるママ | 2016/03/24 12:54 PM |
仏人俳優と言へば
ジャン・レノ(Jean Reno, 本名: Juan Moreno y Herrera Jimenez)
仏系ハリウッド俳優と申すべきでしょうか。
リュック・ベッソン. Luc Besson. Luc Bessonも仏人監督ではありますが、仏系ハリウッド監督に分類されるのでしょうか。
シルヴィ・ヴァルタン. Sylvie Vartan女史は、ジャンヌダルクに次いで日本での知名度の高い仏文化人といふことになるのではいでしょうか。彼女のドキュメンタリー映画とか製作されているのでしょうかね?
そういへばジャンヌダルクは度々映画化されますよね。これもハリウッド系が多いようですが笑。
| マサムネ・東・ぽ〜るじゃん | 2016/04/02 7:32 AM |
>遥さん

どうもありがとうございます。
ご指摘の通り、私の服は真っ黒ですね。マフラーなどは妻のものですし。
幼児の幼児語がだんだん変化していく様子は興味深いです。最近は憎まれ口もよく言っています。

>とっちいさん
私もビノシュ好きです。特に20代の頃のビノシュが打ち出したイメージは強かったですね。
「汚れた血」のラストシーンが当時の日本の映画学校生の一部に与えたインパクトはすごかったんだよ、と苦笑まじりに私に教えてくれた方がおります。
私も当時影響を受けたので「さもありなん」でしたね。

>めぐるママさん
どうもどうもこんにちは。コメントありがとうございます。
DVDでもおすすめです。週末の夜に旦那さんと観ると良いと思いますよ。
「最強の二人」は私も好きです。オープニングの滑り出しが気持ち良かったですね。

>マサムネ・東・ぽ〜るじゃんさん
ジャン・レノは日本のテレビCMにも出ていましたから文字通り、日本のお茶の間レベルで浸透したフランス映画スターでしたね。最近でもドラえもん役をやってましたね。
「アメリ」以降は日本で一般レベルまで浸透するフランス映画スターが出て来てないと思います。
日本国内でのフランス映画は韓流映画ブームなどに押し流されてしまった印象です。
最近のフランス映画を観ると面白い作品が多いので残念に感じています。
| じゃんぽ〜る西 | 2016/04/02 11:42 AM |
はじめまして。
じゃんぽ〜る西さんの単行本は全て持っています。全部面白いです。

この映画、観てきました。ツボを押さえながら、必要以上にシリアスでないところがいいですね。
ところで、四女の結婚相手を知った姉妹夫婦の作戦会議(?)の中で「福島から救い出さねば」ってなセリフがあったように思いますが、フランスでは既に福島はブラックジョーク化されているのでしょうか。
| mmeY | 2016/04/02 7:26 PM |
追伸
本日、ニューカレドニア記事を紙面で拝読いたしましたので、ご紹介。
http://www.sankei.com/life/news/160402/lif1604020033-n1.html
mmeyさま
他国を黒箴言と致すは、よくあることなのですね。
映画の話題ついでに、他国に誤解され危機に陥っている日本の伝統を描いた作品も、ご紹介。
http://behindthecove.com/
敢えて申し上げれば、がんばれ日本映画(も)!
| マサムネ・東・ぽ〜るじゃん | 2016/04/03 9:07 AM |
ご紹介の映画の主題が国際結婚、ニューカレドニアの歴史にも国際結婚ということであった、と改めて気付きました。
さて、フィンランドの下記映画も加えて紹介いたします。
映画「ファブリックの女王」
http://q-fabric.com/
北欧を代表するファッション・ブランド<マリメッコ>
創業者アルミ・ラティアの波瀾万丈な人生模様
| マサムネ・東・ぽ〜るじゃん | 2016/04/10 4:28 PM |
>mmeY さん
どうもありがとうございます。
映画のセリフの中に「フクシマ」という単語が出てくるシーンについて。

私はこの映画を2人のフランス人と観ていましたが、彼等は「一瞬、よく意味がわからなかった」と言っていましたので、フランスで福島がブラックジョークとして定着しているということはなさそうです。
件のセリフは4女が結婚すれば両親が離婚し、家族がバラバラになる最悪の事態になる、「それだけはなんとかして回避しないと」というニュアンスのセリフだったように思います。その「最悪の悲劇」「壊滅的な破局」という意味で「フクシマ」が使われているのだと思います。
タイタニック事故が起きた時代だったらそれは「タイタニック」だったはずです。
あの映画が制作されたのは2013年なので脚本が書かれた時点ではフランス人には福島原発事故のインパクトが大きかったのではないでしょうか。

>マサムネ・東・ぽ〜るじゃんさん
いつも情報ありがとうございます。
特にニューカレドニアの記事は興味深いですね。
ニューカレドニアの沖合で沈んだ旧日本軍の潜水艦の乗組員の為に平成25年に現地に墓碑ができるというのは驚きました。
日本国内でもっと知られるべきニュースですね。

| じゃんぽ〜る西 | 2016/04/12 10:42 PM |
>マサムネ・東・ぽ〜るじゃんさん

ご返答ありがとうございます。
「ビハインド・ザ・コーヴ」は未見ですが大変興味深い作品ですね。

> じゃんぽ〜る西さん

お返事ありがとうございます!
詳細なご説明でよく理解出来ました。
サブタイトルで訳されてなかったのは、配給会社の配慮ですかねえ。
| mmeY | 2016/04/27 12:19 PM |
映画を見ました。とても面白かったです。お婿さん達のやり取りが、これアジアだったら後々引きずるな〜ってレベルでしたが、残らないのがフランスなんでしょうね。
全体の印象として、寅さんぽいな〜と感じました。山田洋次監督作品が好きな日本人には受けると思います。
| ほむほむ | 2016/05/11 2:16 PM |
>ほむほむさん

コメントありがとうございます。
寅さんですか。家族人情もの、という点では確かにそうですね。
絵面として画面が明るく、一切の闇を感じないところも似ているかもしれません。
| じゃんぽ〜る西 | 2016/05/13 6:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lostinparis.jugem.jp/trackback/449
トラックバック