<< 2018年06月25日のつぶやき | main | 2018年06月28日のつぶやき >>
2018年06月27日のつぶやき
14:29
RT @Mlle_Amie: 昨日取材したアーティストが食事中の雑談で「フランスの子供はアルファベット26字さえおぼえればいいからラク。聞いたことばは音を頼りにすぐ書けるようになる。だけどそれが正しい綴りかは別!」と笑っていた。てなわけで、正しく書かれたものも規則を知らなければ…
13:20
白水社「ふらんす」7月号発売中! https://t.co/rfaFrmguxx 特集は満を持しての「藤田嗣治/レオナール・フジタ」。私は本誌「ふらんす」を通じて藤田の数々のエピソードを読んできましたが、毎回驚かされっぱなしで、こ… https://t.co/3xJqde9F3d
12:56
フィール・ヤング7月号発売中! https://t.co/m0PRVOTi2B 電子版もあります。今なら1080円お得な1年間の定期購読もありますよ〜。1年で5640円。 https://t.co/WuQBoKYtQj
12:48
水道水に混ぜるだけで1リットルの海水ができる「海水の素」。159円。こないだ見つけて「こんなんあるのか」とびっくりした。 https://t.co/eZnpEj1gzg
11:38
自分が死んだ時に死に顔を参列者に見せるシステムにするかどうかは悩むな。どうせ変な顔になってるから見られたくないけど、わざわざ足を運んでくれたんだし見せてやってもいいか。RT↓
11:35
RT @KAKERAHANABI: 自分の葬式についてたまに考えるんだけど、「お顔見てやって下さい」のあとに参列者が棺の中の私を覗き込んだら、センサーが反応してお色気シーンで使われる「ワ〜オ?」のSEが鳴るようにしたらどうだろうか
11:28
『モンプチ 嫁はフランス人 (じゃんぽ〜る西)3巻』 ⇒ https://t.co/SrBjnwDWCj #アメブロ @ameba_officialさんから
11:09
RT @hiranok: それ、ありますね。編集者自身は、意外と自覚してないようです。僕のツイートに対しても、「すみつきパーレン」ではなく、違う呼び方をしているという編集者もいますし、知らなかったという人もいます。でも、当然みんなそう呼んでると信じてる人もいるようです。 htt…
09:36
RT @TakaKunieda: 白水社『ふらんす』7月号、福島先生(@felisnigra )との仏語放談はダダとシュルレアリスム。ヨシのシュルレアリスムにかぶれた高校時代、ぼくの大学時代のダダ・シュルレアリスムの研究者塚原史先生との出会い。個人的愛情がこもった対談です。 h…
09:02
出版社によって編集者の使う専門用語が微妙に違う印象があります。「なかぐろ」とか。 https://t.co/ffhXwsD8F4
08:56
これ真剣十代しゃべり場の前島くんではないですか。当時よくあの番組見てました。 https://t.co/SPdn9v8VzH
08:46
小1からザクはかわいそうだろ、量産型だぞ、と思ったけど、たまたまザクっぽいというだけで本当にザクをモチーフにしたものというわけじゃないんだね。 https://t.co/QYkWQSZAEL
08:06
RT @taka_paris: (背景が解らずのツイ、先ずはお許しを) 日本からの日本人の方が決定的に仰らないことって1つあるんです。極々些細なことだけれど初っ端の「Bonjour Monsieur(Madame)」でこの後初めて用件に入る。このご挨拶(ここだけは仏語がベター)…
カテゴリ:- | 02:10 | - | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 02:10 | - | - | -